薬師丸、初“朝ドラ”!キョンキョンと初共演

松岡茉優,薬師丸,朝ドラ,キョンキョン


どうも、マツです。今日のおススメはコチラ ↓↓↓





http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130119-00000005-sanspo-ent

薬師丸、初“朝ドラ”!キョンキョンと初共演

サンケイスポーツ 1月19日(土)7時51分配信



 女優、薬師丸ひろ子(48)がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(4月1日スタート、月〜土曜前8・0)で“朝ドラデビュー”することが18日、分かった。薬師丸は東京・渋谷の同局で行われた新キャスト発表に出席。80年代、ともにアイドルとして人気を集めた女優、小泉今日子(46)との初共演も果たし、ヒロイン役の女優、能年玲奈(19)から「共演は私にとって奇跡!」と祝福された。

 1978年公開の「野性の証明」で俳優、高倉健(81)との共演で“鮮烈デビュー”した薬師丸が、NHK連続テレビ小説に初出演する。

 「みなさんが日常から少し離れて、泣いたり笑ったりしてもらえる作品にしたいです」。デビュー当時と変わらない透明感あふれる雰囲気で、静かに意気込みを語った。

 この日はドラマ後半から出演する新キャスト発表が行われ、薬師丸、松田龍平(29)、古田新太(47)、松岡茉優(17)の4人が出席。全員、朝ドラには初出演だ。

 デビュー4年目でヒロイン役を務める能年も、役柄に合わせた海女の衣装で同席。薬師丸との共演について「日本の映画界の一時代を築いたスゴい方。共演できて、私に奇跡が起きました」とコメント。これに薬師丸は「私、キャピキャピした人だと気後れするので(能年と)心が通じあうかも」と笑顔で応じた。

 薬師丸は「カ・イ・カ・ン」のフレーズで話題となった主演作「セーラー服と機関銃」(81年)で大ブレークし、女優ながらアイドル並みの人気を誇った。今回は同時期にアイドルとして人気を博した小泉との初共演も実現。その小泉はアイドルを目指す女子高生、天野アキ(能年)の母、春子役を演じる。




⇒⇒⇒GMT47 の続きを読む⇒⇒⇒

posted by GMT47 2chアンテナ at 16:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMT47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄拳の「パラパラ漫画」がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に起用!

鉄拳の「パラパラ漫画」がNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に起用!


後半「東京編」の新キャスト発表! - 左から古田新太、薬師丸ひろ子、能年玲奈、松田龍平、松岡茉優

 4月1日より放送されるNHK連続テレビ小説「あまちゃん」の新キャスト発表会が18日、都内で行われ、後半「東京編」に古田新太、松田龍平、薬師丸ひろ子、松岡茉優が出演するほか、作品中のアニメーションを「振り子」で大ヒットしたお笑い芸人の鉄拳が「パラパラ漫画」で描くことが明かされた。

「あまちゃん」新キャスト発表会フォトギャラリー

 同作は引きこもりがちだった女子高生・アキ(能年玲奈)の成長を描いた人情喜劇。ひょんなことから母親(小泉今日子)の故郷・岩手県の田舎町で海女さんを目指して地元アイドルになったアキが、物語の後半「東京編」では舞台を東京に移し、本格的にアイドルを目指して奮闘する姿を描く。

 鉄拳が担当するのは、作中に挿入される再現ドラマや場面説明の際の「パラパラ漫画」。訓覇圭チーフ・プロデューサーは「パラパラ漫画の持つぬくもり」に惹(ひ)かれて鉄拳を抜てきしたと明かす。具体的な分量は未定だが、鉄拳が担当するシーンは「ほぼ毎週」あるといい「本人も『やるならがっつりやりたい』と楽しんでやってくれています」と鉄拳の様子を伝えていた。

 また、新たに発表されたキャストはアキが東京の芸能界で出会う刺激的な面々で、朝の連続テレビ小説はそれぞれ初出演。松岡はアキも所属する47都道府県の「地元アイドル」を集めた国民的アイドルグループ・GMT47のリーダー、古田は業界の大物プロデューサー、松田は敏腕マネージャー、薬師丸は大女優役で出演する。(取材・文:中村好伸)

NHK連続テレビ小説「あまちゃん」は4月1日から9月28日までNHK総合ほかにて放送予定(全156回)

⇒⇒⇒GMT47 の続きを読む⇒⇒⇒

posted by GMT47 2chアンテナ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMT47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

<薬師丸ひろ子>朝ドラ初出演 「あまちゃん」で大女優役

<薬師丸ひろ子>朝ドラ初出演 「あまちゃん」で大女優役


NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の出演が決定した薬師丸ひろ子さん

 女優の薬師丸ひろ子さんが、今春スタートするNHK連続テレビ小説(朝ドラ)の「あまちゃん」に出演することが18日、明らかになった。薬師丸さんが朝ドラに出演するのは初めてで、“大女優”の鈴鹿ひろ美を演じる。

【写真特集】薬師丸さんらが登場した新キャスト発表会見の様子

 NHK放送センター(東京都渋谷区)で開かれた会見に出席した薬師丸さんは「朝ドラはせりふを覚えるのが大変と聞いていて、老化している自分が厳しい環境の中に入って大丈夫か?と思った。(役柄が)大女優というのもネックだった」とオファーに戸惑った時期があったことを明かし、「どうすれば大女優になるのだろう? 宮藤(官九郎)さんの台本のせいにして乗り切ろうと思います」と意気込んだ。

 「あまちゃん」の舞台は、岩手・北三陸の架空の田舎町。主人公は東京で生まれ育ち、内気で引きこもりがちだった高校2年生のアキ(能年玲奈さん)が海女を目指すことになり、やがて「地元アイドル」として注目され、町おこしのシンボルとして駆り出されるようになる姿を描く。小泉今日子さんや宮本信子さん、福士蒼汰さん、小池徹平さん、橋本愛さん、杉本哲太さん、吹越満さん、荒川良々さんらが出演。脚本は宮藤官九郎さん、音楽は大友良英さんが手がける。

 薬師丸さん演じるひろ美は10代のころから映画やドラマで清純派として活躍し、40歳を超えてもそのイメージをキープしている女優という設定。アキの才能を見いだし、自分の付き人に採用する。能年さんは薬師丸さんについて「日本の映画界の一時代を築いた方。共演できるのは私の中で奇跡。クセのある役どころも演じられる薬師丸さんはすてきです」と緊張した様子だったが共演を喜んでいた。

 薬師丸さんは、能年さんの印象を聞かれ、「(能年さんは)人見知りなお嬢さんと聞いています。私はそういう方が大好き。私も人見知りで、幼稚園に通えなかった。ひそかに心が通じる若い女優さんに出会えた」とうれしそうに話していた。

 また、主人公・アキがアイドルを目指し、東京に行ってから登場するキャストとして、松田龍平さんがアキのマネジャー、古田新太さんがプロデューサー、松岡茉優さんがアキが所属することになるアイドルグループ「GMT47」のリーダーを演じることが発表された。

 放送は4月1日から。全156回を予定。(毎日新聞デジタル)

⇒⇒⇒GMT47 の続きを読む⇒⇒⇒

posted by GMT47 2chアンテナ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMT47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。