「あまちゃん」新キャスト発表! 薬師丸ひろ子、松田龍平ら多彩な顔そろう

「あまちゃん」新キャスト発表! 薬師丸ひろ子、松田龍平ら多彩な顔そろう


個性あふれるメンバーが勢ぞろい

 [映画.com ニュース] 若手女優の能年玲奈がヒロインを演じる本年度前期NHK連続テレビ小説「あまちゃん」の新キャスト陣が1月18日、東京・渋谷の同局で発表され、能年ほか、薬師丸ひろ子、松田龍平、古田新太、松岡茉優が会見した。

【フォトギャラリー】薬師丸ひろ子、松田龍平、古田新太、松岡茉優、その他の写真はこちら

 人気脚本家・宮藤官九郎によるオリジナル脚本。海女の祖母にあこがれ、岩手県北三陸で海女さん修行に精を出していた天野アキ(能年)は、いつしか地元のアイドルとなる。アキは北三陸の魅力を全国にアピールするため上京し、全国47都道府県のご当地アイドルで結成されたアイドルグループ「GMT47」のメンバーとして挫折奮闘を繰り広げる。お笑い芸人の鉄拳が、劇中に出てくるアニメーションを担当することも明かされた。

 新たに発表されたキャスト4名は、後半「東京編」に登場するキャラクター。アキがあこがれるカリスマ大女優役を演じる薬師丸は、「まさか朝ドラに出演させていただくとは夢にも思っていなかった。台本がとても面白くて、出る、出ないに関わらず、ずっと見続ける朝ドラになるだろうなと思った。大女優という役がネックだけど、宮藤さんが考えるところの大女優として乗り切っていこうと思う」と照れ笑い。また、「宮藤さんのブラックなワールドが朝ドラでどのように展開するのだろうと楽しみだったけど、宮藤さんの人柄が表れているような笑いのセンスを台本から感じた。日常の中からたくさんの笑いを生み出している」とすっかり“クドカン・ワールド”に引き込まれていた。

 芸能事務所の敏腕マネージャー役を演じる松田も、本作が朝ドラ初出演となるが「何ができるのかを色々想像しながら、持久力ないけど頑張りたい」とマイペース。業界の大物プロデューサー役に扮する古田も、「まさかの朝の顔。朝ご飯がおいしくなくなるんじゃないかな(笑)。宮藤君の本なので色々なことをやらされると思うけど、期待に応えていきたい」と意欲満々。「GMT47」のリーダーを演じる松岡も、「とにかく台本が面白くて、漫画の新刊を待つような気持ち。活字でこんなに面白いのだから、映像になったらと考えると楽しみ」と期待を膨らませていた。

 豪華新キャスト陣に囲まれた能年は、「薬師丸さんは映画の一時代を築いた女優さんで、クセのある役どころもこなしてしまう本当に素敵な方。松田さんはすごく怪しいのにすごくかっこいいところがミステリアスな役者さん。古田さんも強面なのにコメディセンスがあって、盗めるものなら盗みたい。松岡さんは年下だけどすごく大人っぽくて、自分の子どもっぽさを痛感。同世代の友達が少ないのでこれを機に仲良くできたら」と、天然かつ独特な言い回しで共演者を笑わせていた。また、「岩手の被災地に行ってすごく衝撃を受けたので、『あまちゃん』が見た人に元気を与えられるような作品になるよう頑張りたい。私も本番中に笑いをこらえるのが必死なので、皆さんにも笑ってほしい」と抱負を語った。

 松田はデビュー作「御法度」の大島渚監督の訃報を受け、「大島監督は僕をこの世界に呼んでくれた方。当時15歳で右も左も分からなかった。ありがとうという気持ち。これからも頑張らないとなと思う」と吐露した。

 NHK連続テレビ小説「あまちゃん」は、4月1日より放送開始(全156回予定)。

⇒⇒⇒GMT47 の続きを読む⇒⇒⇒

posted by GMT47 2chアンテナ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMT47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

鉄拳 NHK朝ドラでパラパラ漫画デビュー

鉄拳 NHK朝ドラでパラパラ漫画デビュー


パラパラ漫画でNHK朝ドラデビューを果たす鉄拳

 女優・能年玲奈(19)が主演する4月1日スタートのNHK連続テレビ小説「あまちゃん」(月〜土曜、前8・00)の新キャスト発表などの会見が18日、東京・渋谷の同局で行われ、作中に登場するアニメーションを、自作のパラパラ漫画が話題を集めているお笑いタレント・鉄拳(40)が担当することが発表された。

【写真】素顔は「中井貴一さんやチャールズ皇太子に似」と言い張る鉄拳

 同局の訓覇圭プロデューサーによると、鉄拳は「面白がってくれています。楽しんでやってくれているようです」とパラパラ漫画での朝ドラデビューに張り切っているという。場所やあらすじの説明、再現ドラマがわりに鉄拳の漫画を使うといい、週1ぐらいのペースで鉄拳作の漫画が登場する。

 また女優の薬師丸ひろ子(48)が朝ドラに初出演することも発表された。薬師丸は、アイドルを目指すヒロイン・アキ(能年)のあこがれの存在である大女優・鈴鹿ひろ美を演じる。

 初挑戦となる朝ドラで“大女優”役を演じることになった薬師丸は「(朝ドラは)大変ですよという話を聞いていたが、老化していく自分がそんな場所に立って大丈夫でしょうか…」と自虐ネタで苦笑しつつ、「“大女優”として乗りきっていきたい」と意気込みを語った。

 能年は「日本の映画界の一時代を築いた方と共演できるなんて、私に奇跡がおきてます」と天然全開の“能年節”で歓迎した。

 ほかに、プロデューサー役で古田新太(47)、アキのマネジャー役で松田龍平(29)、アキが所属するアイドルグループ「GMT47」のリーダー役で松岡茉優(17)の出演が決定。3人共に朝ドラは初出演となる。

⇒⇒⇒GMT47 の続きを読む⇒⇒⇒

posted by GMT47 2chアンテナ at 13:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMT47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

元フジ八木亜希子が朝ドラ初出演 『あまちゃん』新キャスト発表

元フジ八木亜希子が朝ドラ初出演 『あまちゃん』新キャスト発表


NHK連続テレビ小説『あまちゃん』の新キャストに起用された八木亜希子 (C)ORICON DD inc.

 4月1日スタートのNHK連続テレビ小説『あまちゃん』(月〜土 前8:00)の新キャストが18日、発表され、薬師丸ひろ子(48)、松田龍平(29)、古田新太(47)、松岡茉優(17)が会見した。4人はいずれも朝ドラ初出演。さらに、元フジテレビアナウンサーでタレントの八木亜希子(47)が、能年玲奈(19)演じるヒロイン・アキの親友ユイ(橋本愛)の母役で初出演することも明らかになった。

【写真】新キャストで発表された薬師丸ひろ子、松田龍平ら4名

 同作は、宮城県出身の脚本家・宮藤官九郎が故郷の東北を舞台にオリジナルで描く“人情喜劇”。岩手県北三陸で「海女さん」になろうと修行を始めたヒロイン・アキが、やがて「地元アイドル」となり、東京で本格的にアイドルを目指して、挫折・奮闘する物語。会見に出席した4人は、物語の後半「東京編」から登場する。

 薬師丸はアキが憧れる“カリスマ女優”鈴鹿ひろ美役。かつて1984年公開の映画『Wの悲劇』で女優になるために献身的な努力を重ねる主人公を演じた薬師丸が、当時、三田佳子が演じた“大女優”を演じることに。

 薬師丸は「朝ドラに出演するなんて、夢にも思っていなかった。セリフを覚えたり、いろいろ大変だよ、と聞いていたので、老化していく自分で大丈夫だろうか。大女優という役どころもネックだった」と葛藤があったことを告白。「宮藤さんの脚本が面白くて、一字一句見落とさずに体現して、あとは宮藤さんのせいにして乗り切って行きたい」と意気込んだ。

 アキをスカウトする敏腕マネジャー、水口琢磨役の松田は「今からすごく楽しみ、持久力ないが、がんばりたい」。「地元アイドル」を集めて国民的アイドルグループ「GMT47」を作る大物プロデューサー、荒巻太一役の古田は「まさかの朝の顔。そのことを胸に刻みながら演じたい」と話した。

 アキのアイドル仲間となる「GMT47」のリーダー、入間しおりを演じる松岡は「『GMT47』と聞くと思い浮かぶアイドルグループがあると思うし、『リーダー』と聞くと“あの”リーダーを想像してしまう。どんなリーダーを演じるのか、台本が上がってくるが楽しみです」。

 松岡より2歳年上の能年が「大人っぽいな。自分の子供っぽさを感じる。同世代の友達が少ないので、不器用ですがよろしくお願いします」とあいさつすると、松岡も「私も友達ができにくいタイプなので、ぜひお友達になりたいと思います」と応じて、笑いを誘っていた。

⇒⇒⇒GMT47 の続きを読む⇒⇒⇒

posted by GMT47 2chアンテナ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | GMT47 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。